―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

星空と谷の合間のタイフーン

さあ、「パスタ」について考えてみないかい?険しい顔するほど敬遠するような問題ではない気がするんだ、「ミネラルウォーター」の特色って。
トップページ >

ページの先頭へ

気持ち良さそうに熱弁する弟と濡れたTシャツ

全国には、数えきれないくらいのお祭りがあるだろう。
実際に確認したことはないけれどとても良く知っている祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りである。
圧倒されるような彫刻を彫った、笠鉾が2基と屋台が4基。
祭りの概要が分かる会館を見学したときに、写真や実物大の笠鉾と屋台を見せてもらった。
寒い12月に行われているので、冬祭りとも呼ぶようだ。
実際に見たい祭りの一つなのである。
冬祭りとは逆に、夏にあるのは、福岡県福岡市の放生夜があるが、万物の命を奪う事を制限する祭事。
昔は、このお祭りの開催されている間は、釣りも禁止されたという。
受け継がれてきた祭事も大事だが、私はりんごあめも同様に大好きなのだ。

じめじめした平日の午前に想い出に浸る
台湾人のビビアン・スーは、美しくて賢い女性だ。
年が30代も後半なんて、全然見えない。
昔見た番組で、脳裏に焼き付いているのが、まだ英語を学び始めたばかりのビビアンが米国人からのインタビューにアンサーしていた姿。
まだまだ勉強中らしかったけど、目を引くくらい熱心だった。
今では英語はもちろん日本語も、すでに話せるんじゃないかとみている。
ビビアン・スーの魅力は計り知れないくらい深い。

ひんやりした火曜の晩は外へ

自分自身、アレルギー体質で、メイクは少しも使ってはいけないし、化粧水も使用できない物が多い。
仕方がないので、果実やサプリのパワーに頼ってしまうのだが、長らく口にしているのがゼラチンだ。
ドリンクに入れて、毎朝飲んでいるけれど、少しだけ素肌がハリが出てきた。
その上、習慣にしてから実感するまで即効性があったので、びっくりした。

薄暗い土曜の夜明けは歩いてみる
お盆やすみが近づいて、「とうろう」などのイベントが近辺で実行されている。
付近の観光施設では、竹や木で作られたとうろうが飾られていた。
近辺のイベント会場では、晩に電気の照明は付けられてなくてなくて、灯篭の中のろうそくの明かりだけというのは、めちゃめちゃ眩しかった。
竹やペットボトルに囲まれてキャンドルがついていて、やさしい灯りになっていた。
癒される灯火がそこらの樹々を照らしていてものすごく美しかった。

余裕で話す彼女と夕焼け

たばこは自分の体に害がある。
など、知っていても購入してしまうものらしい。
新入社員の頃、仕事で紹介していただいたコンサルタント会社の社長である年配の方。
「身体が元気なのは、たばことワインのおかげです!」なんてハッキリ言っていた。
胸を張って聞かされると失敗が目に見えている禁煙は無しでもOKかも・・・と感じる。

ノリノリで口笛を吹く家族と僕
友人の知佳子は頭がキレる。
頭が良いんだなーと感じる。
何としてでも人を裁いたりはしない。
違うんじゃない?と感じても、ちょっとでも相手の気持ちを重視する。
なので、考えが膨らむし、我慢強くなれるのだ。
考えを主張し通すよりも、この方がチカコにとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、悪いことが起きても自分のものにする方法をとても理解している。

控え目に泳ぐあなたとわたし

職場で着用するパンツスーツを選びに行った。
コムサとかフォーマルなお店も良いけれど、天神コアも悪くないと思う。
若くて元気な女性服のショッピングビルで体にフィットする製品が多数。
金額は店によって違いが出てくるが、なんとなく安め。
中で、製品を選んでいたが、細身の物ばかり売られていた。
着た感じも、少しはお洒落に見える気がする。
なかなか素敵な買い物ができて、かなりハッピーだった。

曇っている水曜の深夜は目を閉じて
明日香は、専門学校に入って一番に仲良しになった親友だ。
彼女の長所は、受け入れの幅が広くて、細かい事は気にしないところ。
私が親しくなりたいと言ったそうだが、記憶にないけど、そうだと思う。
一緒にいると、全てが単純化されるので、とっても安心する。
シャープで華奢なのに、夜中にハンバーグを食べに行ったりするらしい。

勢いで大声を出す彼女と草原

仕事で必要性のある大きな竹を多すぎるほどいただけるようになって、ありがたいのだが、しかし、歩けないほど多い竹が厄介でたくさん運び出してほしがっている竹の持ち主は、私たちの必要量よりモウソウダケを持って帰らせようとするので仕事が増える。
たくさん運んで帰っても捨てることになるのだが、太い竹が困ってしょうがないらしく、持って帰ってくれとしきりにせがまれる。
私も必要なものをいただいているので、強く言われたら断れない。

気持ち良さそうに叫ぶあの子と壊れた自動販売機
ある気難しい仕事がやってきたとき「なんとかなる」などと思っていた社会人になりたての自分。
その時、自分を含む新米のみんなが「過ぎちゃえば割と簡単なことだよ」など楽観的にとらえていた。
そしたら教育専門の女性が口を切ったセリフが今でも記憶に残っている。
「成功に向かってじゅうぶんに日々を過ごしたからこそ、業務終了後に無事だっただけの話。
だから、今のあなたたちのように楽観的に構えていて、偶然にも事が大したことなかったという意味は含まれていません。
過ぎてしまえばなんてことないといった言葉の裏にあるのは、それとは逆です。
コツコツとしっかり取り組み準備を進めたからこそ能力が業務内容を越えて、業務が円滑に進んだと言っているだけです。
真剣に取り組む気になれましたか?
甘く見ないで真剣に取り組んでください。」
という事。
この言葉があってから、私たちは必死に勉強しじゅうぶん仕事をすることができた。

関連サイト&お役立ちサイトの紹介


引越 安く依頼
引越料金を安くするには、無料の一括見積もり比較を使おう。家族の引越でも、おトクにできる引越会社さんはどこ?
借金を任意整理するための相談は弁護士がいい?
任意整理をしようと考えている人、借金返済問題に関してはできるだけ早く解決したいもの。弁護士・司法書士に、すぐに無料相談してはいかがでしょう?

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2015 星空と谷の合間のタイフーン All rights reserved.